読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkoba blog

プログラマーです。プログラミング言語ミーハーです。よろしくどうぞ(能代口調)

[linux]作業メモ:luks で暗号化した EFI ベースの notepc で HDD を換装した際の作業記録

fedora linux

単なる自分メモ。

  • ディストリは Fedora Linux
  • 起動モードは EFI
  • 作業環境は root の zsh

1. GParted で GPT で partitioning

  • EFI System Parition を作る。 (sdb1)
    • サイズは 384MB にしてみた
    • format 実行するまでは boot フラグが立てられなかった? 気のせい?
    • フラグを立てる画面に esp フラグもあるので、これを立てる
  • /boot も作る (sdb2)
  • 最後の一つを unformated で確保 (sdb3)

2. /boot/efi をベタコピー

mount /dev/sdb1 /mnt/tmp
cp -va /boot/efi/* /mnt/tmp
umount /mnt/tmp

3. /boot をベタコピー

mount /dev/sdb2 /mnt/tmp
rsync -av -x -A -X /boot/ /mnt/tmp
umount
  • pax -r -w -X -pe だと何かエラー出た。 selinux?

4. luks

cryptsetup luksFormat /dev/sdb3
cryptsetup luksOpen /dev/sdb3 newsecure
pvcreate /dev/mapper/newsecure
vgcreate vghk16 /dev/mapper/newsecure
vgchange -ay vghk16

5. (今回は lv の統合も行う)

mkdir /mnt/srcimg
lv=/dev/vghk15/root
snap=snap-$lv:t
lvcreate --snapshot --name $snap -L2G $lv
mount -r /dev/vghk15/$snap /mnt/srcimg
function lvsnap {lv=$1; snap=snap-$lv:t; lvcreate --snapshot --name $snap -L2G $lv}
lvsnap /dev/vghk15/var
mount -r /dev/vghk15/$snap /mnt/srcimg/var
lvsnap /dev/vghk15/libvirt_images
mount -r /dev/vghk15/$snap /mnt/srcimg/var/lib/libvirt/images
mkdir /mnt/destimg
mkfs.ext4 -m 1 /dev/vghk16/root
mount /dev/vghk16/root /mnt/destimg
lvcreate --name var.log --size 8G /dev/vghk16
mkfs.ext4 -m 1 /dev/vghk16/var.log
mkdir -p /mnt/destimg/var/log
mount /dev/vghk16/var.log /mnt/destimg/var/log
time rsync -a -A -X /mnt/srcimg/ /mnt/destimg
umount /dev/vghk15/snap-libvirt_images  /dev/vghk15/snap-var  /dev/vghk15/snap-root
lvremove -f /dev/vghk15/snap-libvirt_images  /dev/vghk15/snap-var  /dev/vghk15/snap-root
time hktools/sysadm/lvsnapbackup.zsh /dev/vghk16/ /dev/vghk15/home /dev/vghk15/*.hkoba

… snapshot 作成と mount は一つの関数にまとめるべきだった…読みづらい…

6. lvm vg name と luks の uuid 更新.

前回のメモ>

今回も grub2-mkconfig 使うべき所を変に気を回して失敗した。

以下は本来こうすべきだったはず!という事後の想像>

volume group 名の変化への対処

HDD 引越しで Fedora が起動しなくなるのは大抵 fstab の書き損じ。

  • 最後に chroot して mount -a 通るまで確認するべきだった。
    • lv を削ったので fstab 編集は必須
    • /boot/boot/efi については /dev/sda1 とかに書き換える方法だと chroot からの mount -a での確認が出来ない (この時点では sdb1 とかだから)。 だから真面目に uuid の置き換えをやるべきだった。
  • 一度やり直しが発生したせいで、fstab の確認が甘くなった。 (こういう再演をもっと確実にこなすには…?)
files=(/etc/fstab /etc/default/grub)
sed -i -e "s/vghk15/vghk16/g" /mnt/destimg$^files
vim /mnt/destimg/etc/fstab

luks uuid の変化への対処

files=(/etc/crypttab /etc/default/grub)
read vol olduuid rest < /etc/crypttab
newuuid=$(cryptsetup luksUUID /dev/sdb3) 
sed -i -e "s/$olduuid[6,-1]/$newuuid/g" /mnt/destimg$^files 

7. chroot して、 dracut

mount -t proc none /mnt/destimg/proc
mount -t sysfs none /mnt/destimg/sys
mount -t devtmpfs none /mnt/destimg/dev
chroot /mnt/destimg

chroot 内での作業

mount -a が上手く行くか確認し、大丈夫なら initramfs と grub2-efi.cfg を生成し直す。

mount -a

dracut --force
# 確認
lsinitrd -f etc/crypttab

grub2-mkconfig -o /etc/grub2-efi.cfg

exit
…余談…

この時作った chroot 空間の中で zsh の行編集の一部 (Ctrl キーと alphabet の組み合わせだけ)が 無効になってて…これは何が原因なのか、どなたかご存知でしたら是非ツッコんで下され〜

8. umount

umount /mnt/destimg/boot/efi /mnt/destimg/boot
umount /mnt/destimg/{proc,sys,dev}
umount /mnt/destimg

grep sdb /proc/mounts

で、後は物理交換して再起動するだけ(のはずだった…次こそは一発でやりとげたいなぁ…)

結末

追記. 更に後日談

/var/log を新たに lv として分けてあったのに、 fstab に書き忘れてて全然活かせてなかったと後で気付いた。 これも最初は正しいつもりの fstab を書き上げた後で、手戻りが発生したことで抜けになったケース。

そう言えば、増やした lv の fstab への書き忘れは mount -a でも検出できないなぁ…

折角 /etc を git で管理してあるのだから、一旦 git diff で変更を保存しておいて、 後で git apply すれば良かったと、今更ながら思う。